自分に合ったiphoneケースの選び方

iphoneのケースはいろいろなものが販売されています。しかも、スマホには使えないのに、驚くほどの種類が売られています。そこで、自分にあったケースを選ぶことができない人に対して選び方を知っておくと便利です一言で言うと、自分にあった「機能性」と「安全性」で選ぶということです。この二つで自分に合ったiphoneケースが選べます。機能性はどんな使い方をするのか?例えば、iphoneを頻繁によく使う人やたまに出す人などです。安全性とは、壊れやすいiphoneをどのようにして守るかです。機能性だけよくても壊してしまっては意味がありません。つまり、機能的にもよくて、安全性もパッチリというケースを選ぶことになりますが、その方法を知っておくと便利です。

沢山のiphoneケースから機能性で自分にあった型を絞る

ケースを見に行くと形も大きさも実にさまざまです。一番初めに大切なことは、間違いなく自分のiphoneの型、例えば、iphone5用のケースなのかiphone6用のケースを探しているのかを間違えないでください。そして、自分のiphoneのシリーズの売り場に行きます。そこで感じることは「かわいい」とか「オシャレ」、そして「欲しい」ということです。iphoneのケース売り場は女性からするとまるで洋服売り場のような感じにも見えます。しかし、これらの考えはすべて捨ててください。大切なことは、自分の使う機能と安全性です。まずは自分がよく使う機能を探しましょう。例えば、巾着型袋型のケースのものがありますが、これは、出すときに手間がかかりますので、SNSなどのためによく写真を撮ったりメール確認を頻繁にするためにiphoneを使う人には向きません。そういう人は見開き型ケースかまたはiphoneの画面以外をほとんどシリコンで覆うタイプのものが瞬時に取り出して使うのに便利です。

機能性で絞った中から安全性で絞った中から一番よいものを選ぶ

自分がよく使う機能でケースの形を絞ったら、次には、安全性です。例えば、頻繁にiphoneを使う人からするとできるだけ、iphoneのまわりに、するりと薄いシリコンが覆うもののほうが使い勝手が良いです。しかし、次に大切なことは、iphoneは落としたりすると壊れやすいということです。もちろん壊さない自信がある人なら別ですが、一度や二度iphoneを落としたことがある人ならわかりますが、画面から落としてしまうことがあるということです。すると、先ほどの画面だけを覆うシリコン型は、画面を守ることはできません。一方、手帳のように見開いて使うタイプのものは、使わないときは全体がカバーされているので、落としても多少は安全です。すると、iphoneをよく使う人でなおかつ落とすことが多い人は見開き型がよい、後はそこから探すということになります。ここではひとつの例でしたが、このようにしてよく使う機能と安全性の二つから型を選んで、その中で一番気に入ったものを選ぶことで惑わされず自分にいちばん合ったiphoneケースを選べます。